Event is FINISHED

福岡アジア文化賞/Fukuoka Prize 2017

Description

古くからアジアとの交流の窓口であった福岡市が、アジアへの国際貢献を目的にアジアの学術や芸術、文化に多大な貢献をした方にお贈りする国際賞です。期間中は、受賞者が一堂に会する授賞式や、各受賞者の活動や功績を講演や対談、実演等でわかりやすく紹介する市民フォーラム、次世代を担う青少年が世界に目を向ける機会を提供する学校訪問など、様々なイベントを開催します 。

イベント申込み|お問い合わせ|福岡アジア文化賞


2017年(第28回)福岡アジア文化賞授賞式


開催日時:2017年9月21日(木)/18:30~20:00(開場/17:30)
会場:アクロス福岡1階 福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神)

2017年9月21日(木)に、第28回福岡アジア文化賞の授賞式を、アクロス福岡1階 福岡シンフォニーホールにて、開催いたします。入場は無料です。みなさまからのお申込みをお待ちしています。


市民フォーラム



●パースック・ポンパイチット および クリス・ベーカー 氏


タイトル:愛と喪失の物語:三つのタイ古典文学と、今を生きる私たちへのメッセージ
開催日時:2017年9月24日(日)/11:00~13:00
会場:エルガーラホール 8F 大ホール

『愛、その抗しがたい魅力、喪失、その別離の悲哀。愛する歓びと愛を失う苦しみは、人間の心を揺らすもっとも偉大な力だろう。タイの代表的な3つの文芸作品(神話的物語、16世紀の宮廷詩歌、17〜18世紀の民衆叙事詩)を取り上げ、人々を引きつけた魅力と、混迷する現在へのメッセージを考えます。』





●王 名(ワン・ミン) 氏



タイトル:環境問題における日中協力の課題と可能性:市民社会の現在と未来
開催日時:2017年9月23日(土)/13:00~14:30
会場:エルガーラホール 8F 大ホール


『経済の持続的な高度成長に伴い、中国は様々な環境問題に直面しています。そのような状況に対して環境NGOを柱とする中国の市民社会は積極的な役割を果たしています。一方、日本の市民社会は環境問題に立ち向かってきた長い歴史があり、日中の市民社会には、環境問題に取り組むうえで広範な協力の可能性があります。今回、日中の環境問題における市民社会の現在と未来について考えます。』


●コン・ナイ 氏


タイトル:未来につなぐカンボジアの心:コン・ナイの語り物音楽の世界
開催日時:2017年9月23日(土)/16:00~17:30
会場:イムズ 9F イムズホール


『カンボジアには、チャパイという弦楽器を弾きながら、様々な物語やできごと、感情を謳い上げる語り物音楽があります。コン・ナイ氏は現代にこの貴重な音楽を伝える数少ない伝承者の一人です。氏はしばしば「カンボジアのレイ・チャールズ」と称されますが、それは過酷な経験に裏打ちされた氏の音楽が、ブルーズやソウル音楽のように、聴く者の心に深く響くからです。このフォーラムでは、コン・ナイ氏の音楽を通して、カンボジアの豊かな精神世界を味わいます。』


Sep 21 - Sep 24, 2017
[ Thu ] - [ Sun ]
12:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
アクロス福岡1階 福岡シンフォニーホール/エルガーラホール 8F 大ホール/イムズ 9F イムズホール
Venue Address
福岡市内 Japan
Organizer
福岡市アジアンパーティ
2,464 Followers